国内第二工場の稼働に向け、水俣市と立地協定を締結

 1月18日に水俣市(髙岡利治市長)と弊社は立地協定を締結いたしました。
昨年1月に締結した熊本県益城町との立地協定に続き、熊本県内で2例目となります。
2022年春、同市での国内第二工場の稼働に向け、準備を進めてまいります。
立地協定に関する記者会見は、緊急事態宣言発令下を鑑み、1月28日(木)にオンライン上で実施いたしました。
SDGs未来都市・環境首都の水俣市において、国内製造を加速させるとともに、水俣市のイメージアップの一翼を担ってまいりたいと考えております。

水俣市と弊社の立地協定締結ならびにオンライン会見の概要については、新聞各紙に掲載いただきました。
熊本日日新聞(1/9、1/31)
西日本新聞・熊本版(1/17、2/1)
朝日新聞・熊本版(1/23)

※掲載日順

関連記事

  1. RKK熊本放送にて弊社の取材内容が放送されます

  2. 7社からの出資を受け、プラスチック代替素材modo-cell®ペレットの国内製造を始動

  3. ハウス食品グループ本社からの出資が発表されました

  4. 1/16 益城町と立地協定を締結しました

  5. 月刊プラスチックス11月号に弊社会長増田が寄稿させていただきました。

  6. 月刊事業構想に弊社会長増田のインタビュー記事が掲載されました。