環境性

生分解実験実例Ⅰ》

台湾にて下記、《Ⅰ~Ⅳ》の環境下において製品の自然生分解実験を行いました。結果は下記の通りです。
※実験は全て同じ環境下、時期に実施しています。(水・湿度・空気・太陽光)
実験Ⅰ<工場の屋上に放置>した場合、実験Ⅱ<繊維・ビニール袋の中に放置>した場合では、完全生分解には至りません。
実験Ⅲ<土中に埋める>、Ⅳ<繊維袋の中に入れ土中に埋める>の場合では、約3か月後から土壌動物や微生物により、生分解していく様子が伺えます。


生分解実験実例

台湾の畑にて下記のように完成したばかりのストローを放置しました。(2018年8月27日)
2ヶ月後の2018年10月27日、3ヶ月後の11月27日には順調に生分解が始まっている様子がみられます。6か月後には殆ど生分解され土に還りました。