まもなく国内第一工場の稼働!安全祈願を行いました

 アミカテラの国内第一工場の稼働準備が進んでいます。台湾コロナ禍の影響を受け、機材の搬入予定が大幅に遅延。台中の港をなかなか出港できない状況にやきもきしながらも、国内生産という夢の実現に向け、社員一丸となって準備を進めています。そして生産開始を前に、まずは安全祈願を行いました。
2016年4月の熊本地震で全壊し、再建に向けご尽力されている益城町木山神宮の宮司 矢田吉定様に祝詞を奏上いただき、参列した社員が1人ずつ玉串を捧げて、工場の安全を祈願しました。


 益城町において地域の発展に少しでも貢献しながら、環境にやさしく、みなさまの日常にお役立ていただける製品を生産していきたいと、思いを新たにした一日となりました。

関連記事

  1. 10/19-20天草・合津港でのイベントに弊社製品をご提供します

  2. 熊本と台湾の交流を深めるイベント「Ⅰ戀台湾・好きタイ!台湾」にmod-cell®のストロー・カトラリーを提供いたしました。

  3. ふるさと納税に出品を始めました。

  4. 水俣工場の竣工式を行いました

  5. 「くまもとSDGsアワード2023」優秀賞にくまもと益城工場が選出されました。

  6. 2024年2月28日・29日開催の「くまもと産業復興エキスポ2024」にてアミカテラがセミナーを開催いたします。